葉酸サプリを飲もうと考えているけど、効果的な飲み方はあるの?と言う疑問を持っている方も多いと思います。

そして、いざ飲むのであれば、せっかくお金を出しているので、効果のある方法で飲んでいきたいですね。

では一体どのように飲むのが、体に一番ベストなのでしょうか?

葉酸サプリの基本的な飲み方

まず葉酸サプリの1日の摂取目安ですが、メーカーによっても異なってくるので、必ず指示に従うようにしましょう!

肝心の摂取量については少なくても意味がありませんし、摂り過ぎてしまうと発熱や蕁麻疹が出てしまう可能性があるかもしれませんので、注意するようにして下さい。

そして飲むときは、必ず水で飲みましょう。

お茶やコーヒー、紅茶に含まれる『タンニン』という成分は吸収を悪くしてしまいます。

ただ、コーヒや、紅茶はカフェインが含まれているので、基本的に妊娠中はNGです。

他の薬やサプリメントを飲用している人が葉酸サプリを飲むときは、あらかじめかかりつけの専門医に相談するようにしましょう。

配合されている成分によっては、同じ時期に飲んではいけないものもあるかもしれません。

さらに飲む時間ですが、特に決まりのないメーカーがほとんどなので、1日いつ飲んでも大丈夫でしょう。

 

食事とサプリメントのバランスを考える

 

基本的な葉酸サプリの飲み方は以上の内容で十分なのですが、注意する点が1つあります。

それは食事からも葉酸を摂取しているので、サプリメントを飲むことで、摂取量の上限を超えないようにすることです。

例えば葉酸は野菜やレバーなどに多く含まれていていますので、食事で鶏の肝臓やブロッコリー、ほうれん草、アスパラガスなどを多く食べたときはサプリメントの量を調節しましょう。

※葉酸の一日の上限は約900と言われています。

日本人の1日あたりの葉酸摂取量平均は280mgなので、さほど気にすることはありませんが、鶏の肝臓は一食あたりおよそ780μgも含まれているので、気を付けておきましょう。

とはいっても葉酸は数時間で体外に排出されてしまうことから、鳥の肝臓を食べた後に一度に2倍の量を飲んだりするなどの誤った方法をしなければ、摂りすぎを心配する必要はありませね。

以上が葉酸を利用している上で気を付けたいポイントですが、葉酸の飲み方は細かいルールがあるわけではないので、サプリメント初心者の方でも比較的飲みやすいでしょう。

基本的に販売製造元の詳細に指定されている摂取量を守っておけば摂り過ぎにもなりませんし、懸念される副作用などもありません。

そして、他のサプリメントや薬を服用しているのなら、飲み合わせなどの注意点がないか専門医の相談を受けておくと安心です。