葉酸には「肌や粘膜を頑丈にする効果」や「赤血球を合成する効果」が望めます。

貧血で困っている人には特に大事な物質だと言えます。

もちろん「体調は万全だけど…。」という方でも積極的に葉酸を摂取するに越したことはありません。

特に葉酸を確保するべきなのが妊婦さんです。

「妊娠初期(~12週くらいまで)」のタイミングにおいて、お腹の中の赤ちゃんの細胞分裂が進行していきいます。

通常は妊娠から12週くらい経たないと「妊娠したかもしれない」という自覚を持つことができないんですね。

ですから、結局のところ日頃から葉酸を摂っておくことは大事であると言えます。

計画的に妊娠しようとしている場合は、ある程度予測して葉酸を摂取し始めることができるかもしれません。

ですが、それでも「いつ妊娠するか」を完璧にコントロールすることは不可能ですから、やはり前もって葉酸を摂取する習慣を作っておくことを推奨します。

もちろん、「妊娠初期に葉酸を多く摂っていないと手遅れ」などという事はありません。

「妊娠したけれど、これまで意識して葉酸を補ったことがない」という人でも、その時点から葉酸サプリなどを使い始めれば大丈夫です!

葉酸が多い食品としては、緑黄色野菜やフルーツ、魚介類などがあります。

妊娠中はバランスよく栄養を摂取することが大事ですから、これらの食品を食べて、葉酸以外の成分もきちんと補うようにしましょう!

出産後の女性

また、出産してからも葉酸を摂取したいものです。

なぜなら「出産生活」と「出産」でエネルギーを大量に消費しているから。

そして、母乳を生成するためにたくさんの栄養を使うからです。

ですから、「出産したし、もう大丈夫」と油断せずに、きちんと葉酸を補うと良いでしょう!

さらに、乳幼児にとってビタミンKは欠かせないと言えます。

「血液を固める働き」がビタミンKにはあります。

「血液を固めるって大丈夫なの?」と感じるかもしれませんが、ある程度固めることは必要です。

色々な栄養分が母乳には含まれていますが、各種の疾患を防ぐ「免疫成分」も含有されています。

ですから、できるだけ母乳育児をすることを推奨します。

ただし、母体の栄養が不足していたり偏ったりしていると、母乳にもそれが反映されるかもしれません。

それを飲む乳幼児の栄養バランスも乱れてしまう恐れがあるのです。

ですから、妊娠直後のママさんは意識してビタミン類を補うようにすると良いでしょう!

ビタミン類には、脂質やタンパク質の動きを補助する働きがありますからね。