葉酸は妊娠初期以前より、妊活中にも必要な栄養素ともいわれています。

妊娠初期はつわりもあったりして、心身ともに安定しにくい時期でもあります。

妊娠が発覚したばかりで何を摂ればいいのか、悩んでしまいますね。

ではなんのために葉酸を摂る必要があるのか?についてわかりやすく説明します。

妊娠初期に葉酸を必要とする理由

葉酸がもっとも必要とされるのは妊娠初期の第4週前後から5週の時期と言われています。

妊娠初期は胎児の神経管形成で葉酸を多く必要とします。

そもそも葉酸は男女問わずに摂取するべき栄養素でもあります。

ただ妊娠中はその必要量も多くなり、1日におよそ480μg摂る必要があるようです!

一般的に自分が妊娠しているかも?と思うのは、2ヶ月目以降ですよ。

例えば、生理より1ヶ月後になんだか基礎体温が高かったり、だるさを感じもしかして妊娠したのかもと、感づき産婦人科に行く人がほとんどではないでしょうか。

妊娠が発覚してから葉酸を飲み始めるのでは遅いこともあるようです。

葉酸サプリを服用せずに、出産後もし赤ちゃんに何かしらの障害が出てしまったときに、「もっと早く葉酸を飲んでおけばよかった」と後悔するのは嫌なものです。

妊活中から葉酸を摂るのがいいとされているのは妊娠が発覚してから、慌てて摂取しても遅いと考えられているからです。

妊娠する以前より身体の調子を整える目的で、葉酸を続ける必要があるようです。

葉酸はビタミンやミネラルと一緒に

妊娠初期には葉酸を摂取していれば問題ないわけではありません。

そもそも栄養素はお互い助け合いながら働いています。そのため葉酸のみでは、十分な効果が発揮できるとはいいきれません。

ビタミンやミネラルなどの人間の身体に必要な栄養成分によって、葉酸の働きを活発にすることができるのです。

特に妊娠中は通常よりも栄養摂取量が不足してしまいがちです。

必須ビタミンやミネラルは、妊娠時期に必要な栄養成分になります。

特に現代の日本人女性は、重要な栄養素においても摂取量が不足していると伝えられています。

これを機会に必要な成分をしっかりと摂取してみてもいいかもしれません。

妊娠初期にこそ葉酸は欠かせないと言えるでしょう。

胎児の成長が最も激しい時期にサポートしてくれる貴重な栄養成分です。

妊娠初期に赤ちゃんの為に何をしたらいいのか悩んでいる人も、葉酸が配合されているサプリなら効率よく手軽に始められますので、この機会に試してみてもいいかもしれません。